ヒゲ脱毛の仕組みについて

06.222016

この記事は1分で読めます

最近では女性だけではなく、男性も脱毛をする時代になってきています。
男性が脱毛する部位で多いのは、やはりヒゲです。
そのヒゲ脱毛の仕組みとしては、まずカウンセリングを受けます。

肌質や毛質をチェックしてもらい、ヒゲを完全に脱毛してしまうのか、それともボリュームを減らす程度なのかなど、医師と話し合います。

次に施術当日の準備としては、ヒゲを剃ってからサロンに行くようにします。
これは、フラッシュ脱毛の場合黒い色に反応して毛を焼いていくからです。
きちんと処理をしていないと、過剰に反応してしまい、施術中の痛みが強くなることがあります。

施術中は、フラッシュから目を守る為の器具を目に置きます。
まずは弱い出力からフラッシュを当ててくれるので、痛すぎない自分に合った出力の強さを見つけます。
あまりに出力が弱いと効果が落ちてしまうので、きちんと痛みの具合を伝えるよう注意が必要です。

施術後すぐは、肌に熱をもっている状態のため少し赤くなります。
その為、肌をクールダウンし沈静化させるために冷やしタオルを施術部分に乗せてくれます。
最後に保湿の為のローションなどを塗ってくれて施術は終了します。
もし帰宅後に赤みやひりつきが気になる場合は、自分で冷やしタオルを使って肌をクールダウンするようにします。

施術後は、だいたい5日から2週間後までの間、毛穴の中にフラッシュで焼いたヒゲの燃えカスのようなものが残りますが、これは10日くらいすると徐々に毛穴から抜け落ちていきます。

これがヒゲ脱毛の仕組みと流れです。

脱毛に通う頻度としては、開始してすぐは数週間に1度、または1か月に一度という高い頻度で行く必要があります。
しかし、施術を継続していくうちにだんだんと通う頻度は減り、3カ月に1回程度で十分な効果がみられるようになります。

ヒゲを脱毛をすると毎日のヒゲ剃りによる手入れをする必要がなくなるので楽ですし、今以上に清潔感もでるので、1度検討してみることもおすすめです。

関連記事

  1. 28615

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。